化粧品はどんなものを選んだらいいの?

赤ら顔は肌が敏感になっている状態ですので、化粧水はかなり大切です。
でも赤ら顔に良い化粧水って?
何が良いのか迷ってしまいますよね。

 

・ビタミンK
ビタミンKが配合された化粧水が赤ら顔には効果があるそうです。
ビタミンKには、血管に詰まった栓を取り除き、血液の流れをスムーズにさせる効果があるそうです。
血液がスムーズになれば、血管が広がりにくくなるため赤ら顔になりにくい効果があります。

 

血管が広がるのをおさえる化粧品としてビタミンKは効果的です。
でもビタミンK配合というだけで使ってみて炎症や肌に合わない場合もあります。
無理に使うのではなく、ビタミンKが配合され自分の肌に合う場合に使うことが大切です。

 

・ビタミンC誘導体配合
皮膚の炎症に効果があるビタミンC誘導体配合。
炎症を起こしている場合や赤ら顔には、このビタミンC誘導体配合の化粧水が効果的です。
ビタミンC誘導体はクリームに入っているより化粧水に入っている方が肌の吸収が良いとされています。
肌あれ、ニキビ、脂などには、ビタミンC誘導体の化粧水はオススメ。

 

ビタミンC誘導体は、リン酸パルミチン酸アスコルビル3Naやリン酸アスコルビン酸Naなどと成分表記されています。
化粧水を選ぶ時にこれらの成分を基準に選ぶと良いでしょう。

 

 

・セラミド
角層の水分で80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が占めています。
セラミドは水分を層の間にはさみ込むものなので、肌の潤いが保たれます。
保湿が少ないから肌の炎症を起こすことが多いので、保湿が重要です。
セラミドが十分で角質層がしっかりしていれば、水分が豊富に保たれ、しっとり効果があります。
セラミドが配合の化粧品は、皮膚に塗ってから2〜24時間の保湿力があります。
セラミドは元々お肌の角質層に含まれる成分で、アトピー性皮膚炎の治療にも使われているのです。
敏感肌にも安心して使えますし、肌が弱っている状態でも安心して使うことが出来ます。

 

 

赤ら顔のほとんどの場合は、肌の皮膚が薄くなっていることが原因です。
肌が弱っていた、炎症をおこしているので赤ら顔になるのです。
今使っているものが、肌に合っていないものがあるかもしれません。
刺激に弱い肌状態なので、あまり色々な成分の含まれた化粧品使うこと逆効果なのかもしれません。
ビタミンKやビタミンC誘導体を使うことも効果的ですが、赤ら顔の原因をつくっているトラブルを解決すること重要です。
肌が弱れば炎症やニキビなどのトラブルが多くなりますので、肌の状態を守り保湿をすることが大切です。

 

関連ページ

原因を知れば、対策もしやすいですよ!
赤ら顔の原因や対策は?ケアするなら赤ら顔の原因を知ってから正しい対策をしましょう。
正しい洗顔方法で綺麗な肌へ
赤ら顔を治すには洗顔も重要です。赤ら顔の正しい洗顔方法をご紹介します。
赤ら顔には洗顔料選びも重要なんです
赤ら顔には洗顔料も重要です。赤ら顔の方にお勧めの洗顔料を選ぶコツをお知らせします。
睡眠もお肌環境を治すのに大切な事です
赤ら顔には睡眠が大切です。睡眠方法で赤ら顔を解消する方法をお知らせします。
赤ら顔の種類は色々なんです
赤ら顔の種類は思ったより沢山あります。赤ら顔の種類を知ることで、対策を知ることが出来ます。
赤ら顔用のスキンケア用品はドラッグストアで売っているの?
赤ら顔用のスキンケア用品はドラッグストアで売っているの?ドラッグストアでは売っていない赤ら顔のスキンケア。オススメをお知らせします。
食べ物で改善することは出来るの?
赤ら顔にとって食べ物が大切です。赤ら顔に効果的な食べ物を教えちゃいます。
赤ら顔のスキンケアはどうしたらいいの?
赤ら顔はスキンケアにどう気を付ければいいの?赤ら顔のためにスキンケア方法をご紹介します。